シンクのオキシ漬けは何時間で完了する?

オキシクリーン ステンレス さびる

この記事は約 4 分で読めます。

オキシクリーンという酸素系漂白剤を使って
お湯に溶かしてつけおき洗いをすることをオキシ漬けにするといいます。

漬けおきするだけで、簡単に衣類や靴、シンクなどが
キレイになってしまうので、
実践者が増えてきています。

ただ、たとえばシンクに対してオキシ漬けをするとしても
どれくらいの時間、やればOKなのか?
よくわからない方も多いでしょう。

そこでこの記事ではシンクのオキシ漬けをするなら
どれくらいの時間やればよいのか、
解説したいと思います。

スポンサードリンク


シンクのオキシ漬けを実践する前に知っておいてほしいこと

上記動画は業務用シンクをオキシ漬けしたものです。

シンクのオキシ漬けは、よほどの汚れでもなければ用意してしまえば
あとは放置で自然と汚れが落ちていきます。

ふつうにシンクの掃除をするとなると
洗剤をタワシにつけて、ゴシゴシと全体を掃除して
そのあと、水洗いしてと面倒くさいですよね。

しかもゴシゴシするのって、力が必要です。
終わった後、結構疲れます。

ですが、オキシ漬けだと、シンクの中にオキシクリーンとお湯に混ぜるだけです。
あとは放置し、時間が経ったら、たまったオキシクリーンの液体を抜いて
そして水洗いすれば終わりです。

簡単です。

ただ、どれくらいの時間オキシ漬けすればよいのか?
気になるところだと思います。

シンクでオキシ漬けするのに必要な時間は?

シンクをかき混ぜる

シンクでオキシ漬けするのに必要な時間は2時間程度です。
2時間オキシ漬けしたら、あとはシンクの蓋を開けて
液体を流し、そのあと、水洗いしてください。

汚れがひどいところだけ
タワシなどでゴシゴシすればOKです。

こちらも参考に! ⇒酸素系漂白剤で洗濯物の臭いをとる方法

スポンサードリンク


シンクでオキシ漬けするのに必要な時間は?関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る