オキシクリーンの成分は赤ちゃんに危険?

オキシクリーン 安全性

この記事は約 10 分で読めます。

オキシクリーンはお風呂の床掃除やトイレ、シンク赤ちゃんの衣類など
いろんな場所や物に使用することができます。
オキシクリーンで効率よくお風呂の床掃除をする方法

こちらの動画をご覧ください。

汚いお風呂場でもオキシクリーンを使えば
簡単に、しかも一瞬でキレイになります。

ですが、「こんなに一瞬でキレイになるようなものって
危険な成分が入っているんじゃないか?」って心配になるかもしれませんね。

もし有害な成分が入っていたとして
赤ちゃんが中毒症状を起こして失明したり嘔吐下痢がひどくなってしまったら・・・

旦那さんや奥さんから「そんな危険な成分が入っているものを使うなんて!」
と嫌われてしまうかもしれません。

そこでこの記事ではオキシクリーンの成分に
危険性はあるのかどうか、解説したいと思います。

特にちょっとした刺激でもお肌が荒れやすい赤ちゃんのために
オキシクリーンを使っても大丈夫なのか?
詳しく解説します。

スポンサードリンク


オキシクリーンの成分は赤ちゃんにとって危険?

オキシクリーンは大きく2つに分かれる

オキシクリーンアメリカ製

オキシクリーンはアメリカ製と日本製のの2つに別れるのですが・・・

アメリカ製と日本製では入っている成分が違います。

成分に違いで赤ちゃんに使って良いかどうか
変わってくるんです。

オクシクリーンに入っている成分とは?

日本製もアメリカ製もどちらも成分として

・過炭酸ナトリウム
・炭酸ナトリウム

が入っています。

過炭酸ナトリウムも炭酸ナトリウムも自然に存在する成分です。
なので、そんなに心配する必要がありません。

問題になるのは、それ以外の成分です。

オキシクリーンで赤ちゃんへの影響が心配になる成分は

・界面活性剤
・香料

の2つです。

で、界面活性剤と香料は日本製のオキシクリーンには入っていません。
ですが、アメリカ製のオキシクリーンに界面活性剤と香料が入っています。

「じゃ、日本製のオキシクリーンにしよう!」と思われた方
それで大丈夫です。

オキシクリーン お風呂の床掃除

日本製のオキシクリーン

こちらが日本製のオキシクリーンです。
オキシクリーン(500g)【オキシクリーン(OXI CLEAN)】

ただ、アメリカ製のオキシクリーンに入っている界面活性剤や香料について
知りたい方は、以下ご覧ください。

アメリカ製オキシクリーンに入っている界面活性剤と香料という成分

こちらはアメリカ製のオキシクリーンを開封している動画です。

まず界面活性剤ですが、
簡単に説明しますと、水と油を無理やり混ぜてしまう石油由来の成分です。
乳化剤ともいいます。

普通、水と油は混ざりません。

ですが界面活性剤がそこにあると
水と油が混ざってしまうんですね。

界面活性剤は石鹸などに入っていまして
泡がブクブク立ちながら、キレイに油や汚れを落としてくれます。

界面活性剤は石鹸以外にも

・クレンジングオイル
・シャンプー
・歯磨き粉
・掃除用の洗剤
・マウスウォッシュ
・台所用の洗剤
・強力な洗浄剤

などに入っています。

とにかくしっかりと泡立って汚れを落としてくれるのが界面活性剤です。

あなたの家にも必ず界面活性剤が入っている製品があるはず。
だから「だったら、界面活性剤、赤ちゃんにも大丈夫でしょう」
と思われるかもしれませんね。

ですが、赤ちゃんだけでなく大人だって
安全かどうか、はっきりした答えが出ていないのが現状です。

日本界面活性剤工業会の文章をご覧ください。
以下日本界面活性剤工業会HPより引用
引用元URL:http://www.jp-surfactant.jp/surfactant/safety/index.html

界面活性剤の毒性

界面活性剤の人体や動物に及ぼす影響については、数多くの研究がされており国際的にデータベース化もされています。OECDのガイドラインには、毒性の強さを見極めるための指標が示されています。具体的には急性毒性、反復投与毒性(慢性毒性)、遺伝毒性および生殖毒性などです。
急性毒性の一例として、経口毒性試験を紹介しましょう。この試験は製品を誤って飲んでしまった時の、人体への悪影響を想定するために実施されています。毒性の強さを知るために、対象となるもの(化学物質)を動物に食べさせ、その試験に用いた動物の半数が死に至る量を測定します。もし少量の摂取でも動物が死に至れば、強い毒性を持っていると判断できます。大量に摂取しても死に至らなければ、毒性は弱いことになります。

・超毒性・・・フグ毒
・強毒性 ・・・ニコチン
・中程度毒性・・・アンモニア、カフェイン
・軽度毒性・カチオン、界面活性剤
・事実上無害・・・食塩、石けん、合成洗剤

お茶やコーヒーに含まれているカフェインそのものの毒性は中程度であり大量に摂取すると危険です。しかし日常生活での摂取量であれば健康に悪影響は有りません。
なお動物愛護を目的として、動物を用いない代替試験法の開発が積極的に進められ、それらの実施も進んでいます。

引用終了

界面活性剤は軽度毒性に入ります。
コーヒーに入っているカフェインよりも安全だけど、食塩とか合成洗剤よりは危険ってっことですね。

もう一つ、公益財団法人 日本中毒情報センターの記事をご覧ください。

以下公益財団法人 日本中毒情報センターより引用
引用元URL:http://www.j-poison-ic.or.jp/tebiki20121001.nsf/SchHyodai/B9019C4C26FCA36A49256A650028770E/$FILE/M70019_0100_2.pdf

2.毒性
陰イオン界面活性剤:ヒト推定致死量 約 200g(6)
マウス・ラット経口 LD50 1~5g/kg(4)
非イオン界面活性剤:マウス・ラット経口 LD50 8~30g/kg(4)
3.症状
小児の誤飲程度では、重篤な中毒は起こらない
陰・非イオン界面活性剤
口腔・咽頭の炎症、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、しゃっくり、鼓腸など。
大量服用時には、神経系症状として運動麻痺、体温低下、痙攣、
血圧低下。肝障害(GOT・GPT 上昇)の報告あり(1)
4.処置
家庭で可能な処置
経口:牛乳(120~240mL、幼児 15mL/kg 以下)、卵白などを与える。
大量服用時は催吐(ただし、乳幼児の場合、吐物を気管内に
吸い込むことがあり、注意が必要)
眼:流水で 15 分以上洗浄
医療機関での処置
大量服用時は一般的な中毒に対する処置
対症療法
以上、引用終了

上記で、LD50とは実験動物の50%を死亡させる量のことです。
それから経口とは界面活性剤を飲ませるという意味になります。

なので大量に界面活性剤を飲んだら人間だってマウスだって死ぬということですね。
人間だと200g界面活性剤を飲んだら死ぬということです。

赤ちゃんは大人より圧倒的に体が小さいです。
だから、界面活性剤が同じ量口に入った場合、大人よりも赤ちゃんの方が
毒性が出やすいでしょう。

また、赤ちゃんの方が大人よりも肌が弱いです。
ちょっとした刺激で皮膚に赤みが出たりします。

そういった意味では赤ちゃんがいるご家庭では
界面活性剤は入っていない日本製のオキシクリーンの方が
安全性が高くておすすめできます。

日本製のオキシクリーンはこちらです。
オキシクリーン(500g)【オキシクリーン(OXI CLEAN)】

こちらも参考に! ⇒オキシクリーンで効率よくお風呂の床掃除をする方法

スポンサードリンク


オキシクリーンの成分は赤ちゃんに危険?関連記事

オキシクリーンの成分は赤ちゃんに危険?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

オキシクリーンまとめサイト目次
オキシクリーンでシンクをつけ置きする時間は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る