オキシクリーン

酸素系漂白剤をアルミ製品に使っても大丈夫?

毎日アルミ製の調理器具を使っていますか?
さすがに毎日使っていると、いくらキレイに掃除しても
汚れがたまってくると思います。

ただ、特にアルミの調理器具を硬いタワシでゴシゴシ
磨くのは危険です。

アルミの調理器具が傷ついてしまって
その傷に汚れが入り込みやすくなるからです。

そうなるともう、ほかの調理器具を買い直すしか
手がなくなってしまいます。

では、酸素系漂白剤でアルミの調理器具を
洗浄するのはどうでしょう?

酸素系漂白剤とは過炭酸ナトリウムが主成分の漂白剤のことです。
有名な酸素系漂白剤にオキシクリーンがあります。

オキシクリーンを使えば、たとえばシンクの汚れなんかも
かなりキレイに落ちます。

ただ酸素系漂白剤は使っても大丈夫な金属もあれば
使うと、痛んだり塗装が剥げたりする金属もあります。

なのでこの記事では酸素系漂白剤をアルミに使っても大丈夫なのか
解説したいと思います。

スポンサードリンク




酸素系漂白剤でアルミ製品を掃除しても大丈夫?

酸素系漂白剤はアルカリ性の漂泊剤です。
そしてアルミニウムはアルカリ性のものに弱いという性質があります。

したがって、酸素系漂白剤をアルミに使うことはできません。
もし酸素系漂白剤をアルミに使ってしまうと、黒色に変色したり
白色の粉のようなものが浮き出たりすることがあります。

白色の粉の正体はアルミが化学変化を起こしてできた水酸化アルミニウムという物質です。
また、酸素系漂白剤の影響でアルミが腐食を起こし
穴が開いてしまう危険性もあります。

なので、絶対にアルミ製品に対して酸素系漂白剤を使ってはいけません。
酸素系漂白剤を使っても良いのはステンレス製のものだけです。

ただステンレス製のものでも
酸素系漂白剤を使いすぎるとさすがに錆びる原因になります。

使いすぎには要注意ですね。

こちらも参考に!
オキシクリーンでサビ落としは可能?

スポンサードリンク