オキシクリーン

オキシクリーンで上履きのつけおきするなら量はどれくらいにすべき?

家中のお掃除に大活躍のオキシクリーン。
オキシ液を作ってつけ置きするだけなのでとっても手軽です。

つけおきするだけで汚れがグングン落ちるオキシクリーン。
特におすすめなのがお子さんの上履き。

学期末になると持ち帰ってくる上履き。
我が家は、娘と息子がいますが特に息子の上履きは驚くほど真っ黒です。

ほんとに、教室だけで履いているのか?
と疑問に思うことさえあります。

上靴を洗うのって、結構大変です。
今までは、靴用ブラシでゴシゴシ洗ってましたが
中の黒ずんだ箇所は、なかなか汚れが落ちませんでした。

でも今は、オキシクリーンでつけ置きするだけなので楽ちんです。
オキシクリーンは、酸素の泡の力で
汚れを落としてくれるのでただ漬けておくだけで
上靴がピカピカになります。

スポンサードリンク




上履きのつけおきするならオキシクリーンはどれくらいの量必要?

上履き入れる

4リットルのお湯に、オキシクリーンを30g入れる

お湯は50~60度くらいが一番汚れが落ちます。
我が家は、45度までしかお湯が出ないので
お湯に沸かした熱湯を足して
60度くらいにしています。

次に

泡立て器などで、よくかき混ぜオキシクリーンを
 全部溶かす。

 

それから

上靴をつけ置きします

上靴が浮いてしまうので重しをして全部つかるようにしましょう。

つけ置きが終わったら、ヌルヌルが取れるまでしっかりすすいでください

すすぎの時に、肌の敏感な方は、手袋をしてくださいね。
 
溶かすオキシクリーンの量は、少なすぎると汚れが落ちにくく、
多すぎて洗剤が溶け残ったままだと色むらになることがあります

上靴の汚れがひどい場合は、オキシクリーンをたくさん入れたくなりますが、
付属のスプーン1杯(30g)で十分効果を発揮してくれます。

お子さんが上靴を持って帰ってきたら
是非、オキシ漬けを一度試してみてください。

こちらも参考に!
オキシクリーンを使うならシンクの蓋の仕方はどうする?

スポンサードリンク