化学

塩酸が混合物である理由

化合物と混合物

「塩酸って化合物であって混合物ではないですよね!?」
って思っている方が多い気がします。

でも、塩酸は化合物ではありません。混合物です

この記事では塩酸が混合物である理由について解説します。

スポンサードリンク




なぜ塩酸は化合物ではなく混合物なの?

周期表

別の記事で解説していますが、
周期表に載っている元素記号1種類だけでできているものを『単体(たんたい)』といいます。

周期表には元素記号がのっていますが、
元素記号1種類だけで作ることができるものを単体といいます。

化合物と混合物

これに対して周期表に存在する元素記号が2つ以上結合してできたものを化合物といいます。

化合物と混合物の違いをわかりやすく解説

たとえば化合物の具体例を挙げますと、
$CO_2 $(二酸化炭素)。
二酸化炭素は炭素C1個とと酸素O2個が結合してできた化合物です。

では混合物ってどういうものでしょう?
混合物とは2種類以上の純物質が『混ざって(結合でない)』できたものです。

『混ざって』が混合物のポイントです。
混ざっているだけで結合しているわけではありません。
また純物質は単体と化合物両方を含む物質のことです。
だから化合物が2つ混ざっても混合物ですし、
単体と化合物が混ざっても混合物です。

もう少し詳しく解説させていただきますね。
化合物と混合物の違いですが、
化合物は周期表に載っている元素記号が2つ以上くっついて1つになったもののことです。

これに対して混合物は2つ以上の単体か化合物(純物質)が混ざっているもののことです。

たとえば、水。
水は$H_2O $で化合物です。
なぜなら、水に顔をつけても
くっついた酸素Oを吸えないからです。
水素Hと酸素Oがくっついて完全に別物になってます。
こういうのが化合物です。

このように化合物になると
もとの元素記号の性質はなくなってしまいます。
$H_2O $になったら水素の性質や酸素の性質はなくなるってことです。
これが化合物です。

これに対して混合物は単体や化合物が混ざっている状態です。
混ざっているだけなので、混ざる前の性質をそのまま持っています。
ここが化合物と違います。

たとえば、空気は混合物です。
窒素という単体や酸素という単体などが混ざったのが空気です。

空気の組成は

・窒素($N_2 $)78.08%
・酸素($O_2 $)20.95%
・アルゴン($Ar $)0.93%
・二酸化炭素($CO_2 $)0.034%
・ネオン($Ne $)0.0018%
・ヘリウム($He $)0.00052%

です。

以上の成分が混ざっているだけで
それぞれの成分はそれぞれの性質を保有しています。

たとえば空気中には酸素がありますが、
もし空気が化合物だったら
酸素の性質がないため、私たち人間は酸素が吸えず死滅してしまうでしょう。
でも、そうならないのは空気が化合物ではなくて混合物だからです。

ではここからが本題です。
塩酸は混合物でなく化合物なのかどうか?という話でしたね。
塩酸というのは$HCl $(塩化水素)という化合物と$H_2O $(水)という化合物が混ざった混合物なのです。

ここまでの内容が理解で来ていたらすっと頭に入ったと思います。
あなたが「塩酸は化合物でしょ!」って思ってたものの正体は
専門的には「$HCl $(塩化水素)」という化合物だったのです。
塩酸というと塩化水素と水の混合物のことを指しています。

だから塩酸は塩化水素の性質も水の性質も
どちらもあわせ持っています。

だから塩酸は混合物であって、塩化水素は化合物なのです。
なんか言葉で遊んでいるみたいで申し訳ないのですが、
勉強って言葉の定義がすっごく大事なんですね。

たとえば私は獣医師ですが、
血液検査で赤血球と白血球を逆に覚えていたら
えらいことになってしまいます。
当ブログ管理人のプロフィール

白血球を赤血球と思い込んでいたら
飼い主さんに「白血球数が少ないから貧血していて
だから呼吸数が増えていますね」みたいなヤバイ獣医師になってしまうわけです。
実際は貧血は赤血球数が少ない状態を指しますし
赤血球は酸素を運搬しているため
貧血になったら酸素を全身に運ぶ能力が落ちるけど
体は酸素を要求しているので、呼吸数を増やして「ハァハァ」いいながら
全身に酸素を送ろうと体が勝手に頑張っているわけですよ。

こんな感じで言葉の定義があいまいだと
思わぬところで悩んでしまって
勉強が先に進めなくなってしまうことがあります。

そうならないように気を付けて
勉強、頑張ってくださいね!
これからもわからないことがあったら
気軽に当サイトにお越しください。
お待ちしています。

スポンサードリンク