オキシクリーン

オキシクリーンの安全性は?

オキシクリーンは

・鏡にできた水垢落とし
・換気扇の汚れ落とし
・靴の臭いや汚れ落とし
・エアコン掃除
・キッチンコンロ掃除
・シンク掃除
・トイレ掃除
・お風呂掃除

などに利用することができます。

気になる情報がありましたら、以下の青い文字をクリックしてください。

上記のようにオキシクリーンはいろんな場所や物をキレイにすることができます。
そんな便利なオキシクリーンですが、
安全性の方はどうなのでしょうか?

この記事ではオキシクリーンの安全性について解説します。

スポンサードリンク




オキシクリーンの安全性はどうなの?

オキシクリーン 成分 代用日本製のオキシクリーン
オキシクリーンには

・アメリカ製
・日本製

の2種類があります。

アメリカ製も日本製も主要な成分は同じです。
ですが、違いもあります。

以下の表をご覧ください。

含有成分/商品名 日本製オキシクリーン アメリカ製オキシクリーン ワイドハイターEXパワー
過炭酸ナトリウム
(酸素系漂白剤の主成分)
界面活性剤 ×(日本製は泡立たない)
酵素 × × ○(ワイドハイターEXの特徴)
蛍光増白剤 × ○(アメリカ製の特徴) ×
香料 ×(日本製は匂いがほぼない)
着色料 ×(基本的に白色) 基本的に白色

上記表を見ると明らかですが、アメリカ製のオキシクリーンには界面活性剤と香料が入っていますが、
日本製のオキシクリーンには入っていません。

それからオキシクリーンの主要な成分は過炭酸ナトリウムで
こちらは日本製にもアメリカ製にも入っています。

で、過炭酸ナトリウムは自然に存在する成分なんです。
ある意味、自然に存在する空気みたいなものなので
過炭酸ナトリウムに関しては安全性は高いと言えそうです。

では、アメリカ製のオキシクリーンに入っている
界面活性剤と香料の安全性はどうなのでしょうか?

少なくとも界面活性剤に関しては
100%安全な成分とはいえません。

詳しくはこちらの記事で解説しましたのでご覧ください。
オキシクリーンの成分は赤ちゃんに危険?

ただ、界面活性剤は石鹸などにも入っているブクブクと泡立たせる成分です。
石鹸にも入っていて、みなさん普段から自分の肌にも使っていると思います。

なので、そこまで安全性に不安を持つ必要はないでしょう。
ただ、より安全性の高いオキシクリーンを使いたいなら
日本製をおすすめします。

日本製オキシクリーンはこちらをご覧ください。
オキシクリーン EX802G 粉末タイプ(802g)【オキシクリーン(OXI CLEAN)】

続いてオキシクリーンで鏡の水垢を落とせるのかどうか解説します。

こちらも参考に!
オキシクリーンで鏡の水垢を落とす方法

スポンサードリンク