化学

原子量とは?化学嫌いの方に向けて解説

原子量とは?

以前の記事で原子量について解説しました。
原子量とは?計算の仕方とともに簡単にわかりやすく解説

他にも式量や分子量についても解説しました。
式量と分子量の違いをわかりやすく解説

読んでて眠くなるし、「なに言ってんだよ!」みたいな話だったかもしれません。
そこで今回の記事では原子量とは何なのか、
化学嫌いの方に向けて平たく解説してみたいと思います。

スポンサードリンク




原子量とは?平たく解説

ざっくり原子量とは何か?説明しますね。
原子量とは人が勝手に決めた原子1個の重さのことです。

原子っていうのはこちらの表に示されている1つ1つのことです。

周期表の縦の裂

たとえば酸素Oは原子ですし、ナトリウムNaも原子です。
さらに詳しく原子について知りたい方はこちらをご覧ください。
原子の構造について図を使ってわかりやすく解説
これら原子1個の重さのことを原子量っていいます。

たとえば、ヘリウム原子Heの原子量は4.003で水素原子H、1個の重さは1.008で
人が勝手に決めています。

他にもリチウム原子Li、1個の重さは6.941です。

原子量には単位はありません。
本の重さが100グラムみたいな単位は原子量にはありません。

こんな風に原子量ってありますが
数値までは暗記不要です。

もしあなたが受験生であれば
必ず問題文に原子量は記載されています。
もし問題文に原子量が記載されていないなら不要だと考えても問題ないでしょう。

たとえば問題文に

ただし、原子量はC=12、H=1、O=16とする。

みたいに記載されていたりします。

だから受験目的で原子量を勉強していて
「原子量、よくわからないよ」と思っていても、
そんなに心配しないでください。
問題文に記載されていますから。

だから、原子量とは人が勝手に決めた原子1個の重さのこと
くらい覚えておけば良いでしょう。
ただ、国公立大学の化学受験だったら、こちらの記事で原子量の理解を深めておいた方が無難かもしれません。
原子量とは?計算の仕方とともに簡単にわかりやすく解説

スポンサードリンク