化学

溶媒・溶質・溶液の違いをわかりやすく例を挙げて解説

溶媒 溶質 溶液

「溶媒、溶質、溶液のの違いが分かりません・・・」という方が多いです。
確かに溶媒も溶質も溶液もどれも頭文字に『溶』の文字がついているので
違いがよくわからなくなりますよね。

でも心配無用です。
安心してください。

今回の記事では溶媒、溶質、溶液の違いがよくわかるように
例を挙げながらわかりやすく解説していきますね。

スポンサードリンク




溶媒、溶質、溶液の違い

溶液とは溶媒と溶質を混ぜたもののこと。
溶液=溶媒+溶質

です。

食塩水

たとえば、溶媒が水で溶質が塩だとすると
混ぜると食塩水になりますが、この食塩水が溶液です。

溶媒(水)+溶質(塩)=溶液(食塩水)

ということです。

ここまでまとめると

・溶質・・・液体に溶けている物質(例:塩)
・溶媒・・・溶質を溶かす液体のこと(例:水)
・溶液・・・溶質が溶媒に溶けた液体全体(例:食塩水)

ということです。

溶媒、溶液、溶質それぞれ頭文字に『溶』という文字がついています。
この『溶』には固体が液体になるというような意味があるのです。
『溶』は『溶ける(とける)』とか『溶かす(とかす)』と日本語で表現することがありますよね。

たとえば食塩が水に溶かされて食塩水になります。

このことからもわかるように

・溶質・・・食塩水における食塩みたいに水などの溶媒に溶けている物質
・溶媒・・・食塩水みたいに出来上がった溶液のもとになった液体(多くは水)
・溶液・・・溶媒と溶質によってできた液体(食塩水)

ということです。

別の表現をしてみると・・・

・溶質・・・溶ける方の物質のこと
・溶媒・・・溶かす方の液体のこと
・溶液・・・固体液体気体が溶けてできた均一な混合物のこと

つまり、溶媒と溶質を混ぜてできた混合物のことを溶液と呼ぶのです。

ちなみに
溶媒になるものは水だけではありません。
たとえば有機溶媒なんかも溶媒になります。
有機物が溶媒になることもありますから。
とにかく溶かす方の液体のことを溶媒といいます。

たとえば、果実酒。

果実酒の場合

・溶質は砂糖と果実(果物)
・溶媒はアルコール
・溶液は果実酒

となります。

たとえば、食塩水だったら塩が溶質で溶媒が水、
食塩水が溶液になります。

砂糖水だったら

・砂糖が溶質
・水が溶媒
・砂糖水が溶液

になります。

以上で解説を終わりたいと思います。
溶媒と溶質と溶液の違いについて
例を挙げながら、いろんな角度からかなり噛み砕いて
わかりやすく解説したつもりです。

この記事が参考になったという方は
ぜひブックマークしておいていただけるとうれしいです。
これからも化学的な内容をわかりやすく解説していきたいと思いますので
よろしくお願いします。

スポンサードリンク